読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

ラインのキャンペーンアカウントにメッセージを送ってみた

いつも一方的にメッセージが送られてくる、ラインの無料スタンプを手に入れるとき友達追加をしなくてはいけないアカウントに、逆にこっちからメッセージを送ったらどうなるのか。検証してみた。

今回の検証に用いたアカウントは、

 

大京グループ

②P&GMyレシピ

③カラムーチョ

 

の3つである。

※特にこの3つに意味はない。

 

まず初めに、すべてのアカウントに同じスタンプを送ってみた。

すると、どのアカウントもすぐに既読になり、メッセージが返ってきた。

 

大京グループ

 

メッセージは返ってきたものの、やはり会話はできない模様。

律儀に返信をくれただけ、良しとする。

 

②P&GMyレシピ


 

こちらはなんと、お得な情報を提供してくれた!

しかし、その後メッセージを送っても、同じようなことしか返信が来なかったため、こちらも会話はできない模様。

 

③ カラムーチョ

 

なんともよくわからない返答が(笑)

これはもしかしたら会話できるかも?いや、たとえできなくても無理やりにでも会話を成立させよう!ということで、しばらくこちらから話しかけてみることに。

 

うーん、まだ会話がかみ合ってない様子。

そこで一つお灸をいれてみた

ちょっときつく言いすぎてしまったのか、深く反省しているようだ(笑)

そこで、ひとつ励ましてみた

 

な、な、なんと!!

ついに会話が成立した!!

こちらの誠意が伝わったのか、誠心誠意込めた励ましの言葉に、見事応えてくれたのである!!

 今回は会話が成立したということで、ここで終了。

もし続けたとしても、きっとこれ以上の山場は起きないでしょう(笑)

 

とりあえず今回のまとめ

・キャンペーンアカウントにメッセージを送ったら、一応何らかの反応は返ってくる

・相手側がこちらの文章の意味を把握することはないとみられる

 

ただ、あのバイト探しのフロムエーでおなじみのパンダ一郎くんのアカウントは、こちらのメッセージの意味を理解して、しっかりと返答してくれるといううわさが。

こちらも今度検証してみねば。

 それでは今回はこの辺で。