読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

全国高校サッカー開幕 キーパー歴1年半の守護神が見せた三鷹高校最後の雄姿

 ふとテレビをつけると、高校サッカーの中継が。いやー、もうそんな時期かーなん

て思いながらどことどこが戦っているのか見てみると、なんと、三鷹高校が。同じ都

立高校出身の私としては、どうしても応援したくなりました。しかも話によれば三鷹

高校は来年から中高一貫教育?になるため、今年度を持って閉校するとのこと。正直

サッカーは代表戦とヨーロッパのサッカーくらいしか見ないため、あまり詳しくはな

いが、同じ都立高校出身者として、代表戦を見るかのごとく、自然と熱が入る。

 

 ただ、応援しているが、三鷹は終始攻め込まれる。相手が強い。相手チームを見て

みると、なんと東福岡とのこと。高校サッカーに詳しくない私でもわかる強豪校。し

かも、今年の夏の王者らしい。とにかく攻める攻める。攻撃力が凄まじい。

 

 ただ、三鷹も耐える。キーパー武田君が何度も決定的なピンチを救う。そして驚き

なのが、このキーパー、どうやら去年の6月にフォワードからキーパーにコンバート

したばかりとのこと。野球で言えば、外野手が捕手にコンバートして1年半足らずで

甲子園に出てバリバリ活躍している感じ?とてつもないことですね。

 

 この急造キーパー武田君の活躍もあり、終始攻められ続けたが、前半はなんと0点

に。これはもしかしたら奇跡が起こるのでは?かつて天皇杯で高校生がJリーグの

チームを倒すなど、サッカーは何が起こるかわからない!

 

 、、、なんて思っていたのもつかの間、後半開始早々、コーナーキックから失点。

あー、やっぱりだめなのか、、、

 

 ただ、三鷹は失点して本来の姿を取り戻したのかの如く、徐々に攻め始める。そし

て後半の13分?に背番号9番の選手が前線でこぼれ球をトラップして抜け出し、そ

のままシュート。ボールは見事東福岡のゴールネットを揺らし、ついに同点!!

 

やった!ついに夏の王者から点を奪った!!!

 

、、、と喜んだのもつかの間、判定は、トラップした際にハンドをしたということ

で、ノーゴール、、、、、

 

 その後、またまた相手のコーナーキックから高い打点からのヘディングシュートで

失点。この得点から、東福岡はまた元気を取り戻したかのごとく、攻め始める。しか

し、三鷹も耐える。Jリーグ内定者が二人いるスター軍団相手に全くひるむことなく

立ち向かう。これぞまさしく高校スポーツの素晴らしさ。しかし、このスター軍団と

いうのも、元をたどれば、小さいころから誰よりも努力をした結果が、今こうしてス

タートしていられるというわけで、非常に尊敬すべきところである。

 

 その後何度も決定的な場面を作られた三鷹高校だが、何とか耐え抜いた。

 結果は0-2。三鷹高校は65年にも及ぶ歴史に幕を閉じた。しかし、優勝候補相

手に最後まであきらめずに戦い抜いた三鷹サッカー部の雄姿は、中高一貫校になって

も、引き継がれるであろう。三鷹サッカー部、感動をありがとう!!