読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

カズ、48歳で横浜FCと契約更新!! 今のカズを作り出したブラジル修行

 キングカズこと三浦和良横浜FCとの契約を更新し、48歳での現役続行となりました。

 そんな超人的なカズですが、今のサッカー人生の基礎となっているのは、若いときに渡ったブラジルでの経験です。このブラジルでの出来事を、簡単にまとめてみました。

 

 

 高校を8か月で中退し、単身ブラジルへ

 

「ブラジルでプロになってW杯に出る」ということを目標に、1982年12月、高

校1年生ときに高校を中退して、単身ブラジルへ。

 中学時代の進路希望で志望校高校の第一志望に「ブラジル」と書き、当時の担任に

激怒されたという伝説も。

 ブラジルでは、CAジュベントスへ留学。しかし当時のカズは身長が低く、テク

ニックはあったものの、その他に特に突出した能力はなく、当時の指導者たちはブラ

ジルでプロになるのは難しいと感じていた。その指導者の思惑通りブラジルで壁にぶ

つかったカズは1985年、夢をあきらめて日本に帰ることを考え始める。しかし、

そんな時期にふと酔ったリオの公園で、貧しい子供たちが裸足で一生懸命ボールを

追っている姿に触発され、帰国を思いとどまった。

 

 

念願のプロ契約

 

 1986年1月、サンパウロ州選手権タッサ・サンパウロ(U-21)に、日本人と

して初出場し、そこでの活躍し、サンパウロ州のサントスFCとのプロ契約を勝ち取

る。5月にはSEパルメイラスと特別契約を結び、日本でのキリンカップで凱旋帰国

を果たす。

 その後マツバラに移籍し、レギュラーを勝ち取る。南部三州リーグ優勝に貢献し

た。同年10月にはアラゴアス州のクルべ・ジ・レガタス・ブラジルに移籍し、ここ

でもレギュラーを勝ち取り、日本人で初めてブラジル全国選手権に出場した。

 翌年、サンパウロ州キンゼ・デ・ジャウーへ移籍。同年3月19日、コリンチャ

ンス戦で日本人としてリーグ戦初得点を記録し、格上の人気チーム相手に3-2で勝利

した。このときの試合はブラジル全土にテレビ中継されていたために、カズという日

本人の名前が広く知れ渡った。この年の活躍により、カズはジャウー市から名誉市民

賞を贈られた。

 その翌年にはパラナ州コリチーバFCに移籍し、パラナ州選手権優勝に貢献した。

 

 

 

 

強豪サントスFCでレギュラー獲得

 

 

 1990年2月、4年ぶりにサントスFCへ移籍した。4年前はわずか2試合の出

場に終わっていたが、この4年間で成長したカズは、見事にレギュラーを獲得した。

同年の4月29日のパルメイラス戦で1得点1アシストと活躍し、翌日のブラジル新

聞はスポーツ紙から一般紙に至るまでカズの活躍を伝えた。このカズのゴールシーン

は、ブラジルのサッカー専門誌「プラカー」の表紙を飾った。

 

 その後の活躍

 

 その後、W杯に出場するという当初の目標を叶えるためには日本でプレーするのが

望ましいと考え、1990年7月に当時の日本サッカーリーグ読売サッカークラブ

(現東京ヴェルディの前身)に移籍した。

 その後、Jリーグ初代MVPに始まり、日本人最年長ゴール記録、Jリーグ連続得

点記録、シドニーFCの一員としてFIFAクラブ世界選手権に日本人で初めて出場

したこと、フットサルの日本代表としてW杯に出場したことなどなど、、、数々の伝

説を残してきましたが、皮肉にもサッカー人として一番の目標であった「サッカーの

W杯に出場する」ということだけは果たされていません。もしかしたら次回W杯最年

長出場記録を作るかも??しかし残念ながらこちらはあまり現実味がありませんが、

個人的に期待していることは、カズの息子のW杯出場です。息子も父と同じくサッ

カーをやっているそうで、長男は短期ながらブラジルへサッカー留学もしたとのこ

と。現在あまりサッカー選手としては話題になってはいませんが、もしかしたら10

年後には日本代表となり父の因縁を晴らしてくれるかも?

 何はともあれ、カズにはこれからも現役を続けてもらい、伝説を作り続けてほしい

ですね。ちなみに、イングランドには32年から65年までプロでプレーし、50歳で引退

したマシューズという選手がいるようなので、カズにもここを目指して頑張ってほし

いですね。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ