読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

元極楽とんぼ山本復帰に歓迎ムードの芸能界と視聴者の温度差

 元極楽とんぼ山本圭一が 19日に東京・下北沢駅前劇場でお笑いライブを行うと

発表したことを受け、 「雨上がり決死隊」の宮迫博らが5日までに自身のツイッター

で続々とエールを送っている。 

宮迫;皆でワイワイ笑える仕事やりたいね、お帰りやね山さん 

庄司智春僕は極楽とんぼ山本圭壱さんの復帰が本当に嬉しいです。ただそれだけです 

たむらけんじも:「新年から嬉しいニュース!極楽山本さんが復活LIVE開催!やっちゃー!」 「嬉しかった、楽しかった、悔しかったをぶつけて下さい!」 

田村亮:「山さん、復活。今年は楽しそうな年になりそうです」

 

 これらのコメントを見る限りだと、山本の人望も厚かったのかもしれませんね。

 ただその一方で、一般視聴者の反応は冷ややかだ。

 

 ・所詮は芸NO界 犯罪者でも復帰できる甘い世界 

 ・強引に復帰の流れwwwwwwwwww 

 ・犯罪者をヒーローにしようとゴミどもが下地作ってんな。

 ブラック企業が社員総動員で外堀埋めようとしてるようにしか見えない 

 ・いやいや、さすがに復帰はダメでしょ 温厚な俺でも抗議しちゃうレベル 

 ・一般企業なら絶対許されない 

 

 などといった厳しい意見が並びました。たしかに、あれだけの犯罪を犯しておきな

がら復帰するだけでもおかしいのに、これだけ歓迎されているのは少し違和感があり

ますよね。

 この芸人仲間の歓迎ムードに対しては、

 

 ・罪を犯しても復帰できるんだ。やったあーって感じか。 

 ・擁護してる奴らは自分も同じような事してるんだろうな 山本に弱み握られてるん  だろう 

 ・お笑い界っていつからこんな馴れ合いになったんだ 

 

 

 といったこれまた厳しい声が。たしかに、いつもスキャンダルと隣り合わせの芸人

にとって、山本の件は他人ごとではないのかもしれません。下手に批判したところ

で、もし自分が何か犯した際に、誰も救ってくれなくなる、それならば何か犯して復

帰する人に対して歓迎ムードを作っておこう。といったことも、少なからずあるのか

もしれませんね。一般社会でもそうですが、芸能界では特にそういった人間関係を

作っておくことが重要なんだなあと感じました。

 

 


人気ブログランキングへ