読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

【野球】 侍ジャパンVS欧州選抜、世界51か国で生中継へ!!  、、、、見る人いるの? 欧州の野球事情

 

 3月10、11日に行われる侍ジャパン対欧州代表戦(東京ドーム)が欧州を中心に世界51カ国で生中継される。

 スポーツ専門放送局「ユーロスポーツ2」が2試合を生中継する予定。欧州で野球中継が放送されるのは珍しく、熊崎勝彦コミッショナーはキャンプ視察で侍ジャパンの選手を「欧州でも生中継されるから頑張れ」と激励しており、関係者は野球振興の一助にも期待を寄せている

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/02/24/kiji/K20150224009862500.html

 

 

 世界的にはまだまだマイナーな野球にしては異例の、世界51か国での生中継。日本でカバディクリケットを生中継しても誰も見ないのと同じように、野球がヨーロッパで放送されても見る人はいるのか?とも思われますが、、、ただ、野球ファンの私にとっては、これをきっかけに少しでも野球の世界的な普及につながってほしいとも思います。

 ところで、世界的には非常にマイナーなスポーツの野球ですが、一応世界ランキングというものも存在しているようです。

 

Rank Nation  Points 
2013 Trending
1 Japan Japan 785.18 2 1
2 USA USA 766.02 1 1
3 Cuba Cuba 662.98
3 --
4 Chinese Taipei Chinese Taipei 605.48 4 --
5 Netherlands Netherlands 433.50
6 1
6 Dominican Republic Dominican Republic 379.18
5 1
7 Canada Canada 353.52 7  --
8 Korea South Korea 340.90 8 --
9 Puerto Rico Puerto Rico 291.50
9 --
10 Venezuela Venezuela 269.00
10 --
11 Italy Italy 196.18 11 --
12 Mexico Mexico 136.78
12 --
13 Panama Panama 132.92
13  --
14 Australia Australia 127.82
14 --
15 Brazil Brazil 116.61
15 --
16 Nicaragua Nicaragua 110.77
18 2
17 Spain Spain 105.52
17 --
18 Germany Germany 78.90
19 1
19 Colombia Colombia 69.00 16 3
20 Czech Republic Czech Republic 68.93
27 7
21 China China 68.25 20 1
22 Israel Israel 55.47 26 4
23 Philippines Philippines 52.40 23 --
24 Pakistan Pakistan 51.00 21 3
25 Great Britain Great Britain 50.56 24 1
26 New Zealand New Zealand 50.00 28 2
27 France France 46.75
32 5
28 Argentina Argentina 42.91
22 6
29 South Africa South Africa 33.00 31 2
30 Thailand Thailand 30.50 25 5

http://www.ibaf.org/en/infopage-detail.aspx?id=149f4e9a-9427-4a7b-b8df-18ab77845d33

 

 このランキングによれば、日本は野球大国のアメリカを抑えて見事1位に!ただ、台湾が4位にいたり、オランダが5位にいたり、パキスタン南アフリカやフランスより高ランクになっていることから、このランキングは実力順ではなく、国際試合を行った回数が大きく影響されているのでしょう。純粋な実力順(メジャーリーガーもすべて使うとして)でいったら、1位アメリカ、2位ドミニカ、3位日本、4位ベネズエラ、5位韓国といった感じでしょうか?

 まあ、サッカーのFIFAランキングもなかなか実力順にはならないので、こういったランキングはあくまで参考程度としてみた方がよさそうですね。

 

 さてところで、今回の侍ジャパンの相手、欧州選抜は、世界ランキングでも上位にランクインしているオランダやイタリアなどの選手を中心に編成されています。ヨーロッパはまだまだ野球後進地域(サッカーでいうとアジアやアフリカみたいな感じ?)ですが、果たしてヨーロッパ各国の野球事情はどのようななっているのでしょうか?

 

 オランダ

 

 

フーフト・クラッセ(Honkbal Hoofdklasse)は、オランダにおける野球のトップリーグである。プロリーグであり、8チームが参加して行われている。下部リーグ(エルステ・クラッセ、Eerste Klasse)も存在し、ソフトボールなどとともに盛んである。オランダはイタリアと並ぶ欧州野球界の強豪とされる。王立野球協会が監督するリーグ戦は4月から9月にかけて、各チーム42試合で行われ、基本的に週末に行われている。入れ替え制(promotion and relegation)を採用しており、リーグのチーム構成は毎年変わる。日本と同じように、チーム名は企業名が名前の一部につけられている。リーグでの最終的な上位2チームが、ヨーロッパカップに進む。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB_(%E9%87%8E%E7%90%83)

 

 

 イタリア

 

 

イタリアンベースボールリーグをトップリーグとしてもち、下部組織にイタリアンベースボールリーグ2、セリエAセリエBなどを持つ、ヨーロッパ最大規模のリーグ。レベル的にもヨーロッパ最高峰で、イタリアンベースボールリーグのトップを争うチームには、元メジャーリーガーなども所属し、日本の2軍や台湾のプロに匹敵するほどの実力がある

 

 

 ドイツ

 

 

野球ブンデスリーガ(やきゅうブンデスリーガ、Baseball-Bundesliga)は、ドイツの野球リーグである。2015年現在、1部15球団、2部14球団の合計29球団が所属している。また、ブンデスリーガより下部のリーグも数多く存在する。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC

 

 

 

 その他

 

 

西ヨーロッパ

 

中央ヨーロッパ

 

東ヨーロッパ

 

北ヨーロッパ

 

南ヨーロッパ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E3.83.A8.E3.83.BC.E3.83.AD.E3.83.83.E3.83.91

 

 

 このように、ヨーロッパにもしっかりとした野球リーグが存在していたのですね。さらに、各国のリーグのみではなく、ヨーロッパチャンピオンシップがあるなど、非常に面白そうなしくみになっていたのですね。ただ、これだけ多くのリーグがありますが、純粋な野球のプロとして野球のみで生活できるのは、オランダ、イタリア、ドイツなどのヨーロッパの主要リーグの中のさらに一部の主力選手くらいだけだそうで、まだまだ発展途上のリーグと言えます。しかし、これだけ土台が整っているのですから、この先日本やアメリカが中心となり、ヨーロッパへ野球をもっと普及させていけば、いずれはヨーロッパにも純粋なプロ野球選手がどんどん増えていき、野球の国際化へまた一歩近づけるのではないでしょうか?

 当初は私も、「欧州選抜なんかと試合して、さらに欧州中に中継なんかして何の意味があるのか?」なんて思っていましたが、今回の親善試合は、ただ単に日本代表のレベルアップが目的ではなく、今後野球をヨーロッパをはじめ世界中のあらゆる国に広めていくための第一歩として非常に重要な役割を果たしているのだと思います。


人気ブログランキングへ