読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

学歴やスキルが無くても世界の観光地を周ることのできる仕事

  「将来は海外で仕事をしたい」

 最近はこのような志向の学生達が増えてきている。海外に行くことで、「自分の価値

観を広げたい」、「日本ではできない大きいことをしたい」、「毎日をワクワクさせた

い」などなど、まだ見ぬ「海外」に大きな夢を膨らましているのである。

 

 一般的に、その夢を実現させる為には、それ相応の企業に入ることが一番の近道であ

る。そのために莫大なお金をかけて塾に通い、一流大学に入り、入学後も莫大なお

金をかけて留学をして、語学力を身につける。そこまでしても、ようやく「それ相応の

企業」の採用試験を受けるスタートラインに立ったに過ぎず、そこから採用試験で何十

社からも落とされる。それでも「海外で働きたい」という夢を求め、苦労に苦労を重

ね、ようやく夢の「海外で働ける権利」を手に入れられるのである。

 

 しかし、実際に入社してみると、はじめの数ヶ月はコピー取り、電話受け、議事録係

等の雑用が中心で、非常に退屈な日々を送る。その後、徐々に仕事を任され始めていく

が、当初期待していたような海外を自由に動き回る様な華々しい仕事とは程遠い仕事を

国内で延々と繰り返す。その苦労に絶え、何年かして徐々に結果を出し始めると、よう

やく「夢の海外への切符」を手に入れられる。しかし、その「海外への切符」も、多く

の人が夢見ているヨーロッパや北米等の先進国を華々しく動き回るような仕事ではな

く、たいていは中国や東南アジアなどのまだまだ発展段階の地域での仕事が多く、どち

らかといえば泥臭い印象の方が強い仕事をしなくてはならない。そうこうしているうち

に、結婚をし、子供でもできようもんなら、「かつての夢」はどこか遠く忘れ去られて

しまうのである。かつての夢と希望にあふれていた少年少女も、「社会とはこういうも

んだ」と語るごく平凡なつまらない人間となってしまうのである。

 

 もちろん、中には若いうちからヨーロッパや北米等を忙しく走り周るり、当初思い描

いていたような生活を送っている人もいるだろう。その人たちがそのような生活を送れ

ているのは、それ相応の努力をしてその地位を勝ち取ったのはもちろんあるが、ちょう

どその地域に仕事があるタイミングでそれ相応の評価を受けていたという「運の強さ」

の割合も強い。どんなに努力をしたところで、結局は運次第であるといわれては、これ

から海外を目指し努力をしようとしている人も、努力をする気をうせるだろう。

 

 どこかに努力をせずに、海外の輝かしい土地を周り続けることのできる仕事はないのだろうか?

そんな思考が浮かぶが、そんな都合の良い話あるわけ、、、、あるんです。

 

 学歴、経験、特別なスキル不問。語学力は後付けでOK。それでいて、海外の有名な

観光地を回り続けられる。その仕事とは、

 

「海外ツアーコンダクター」

 ツアー旅行に行ったことがある人ならわかると思うが、国内外問わず、ツアー旅行に

は必ずツアーをスムーズに進行させる為にいろいろとツアー客のお世話をしてくれる人

がいる。まさに、海外ツアー専門のその人達になろうというのだ。

 

 一見、あの人たちは特別なスキルや学歴を持っていて、非常に狭き門を潜り抜けてよ

うやくその地位を手に入れたかのように思われるが、実は高校を出ている人なら誰でも

なれるのだ。ツアーコンダクターになる為にただひとつ必要な「旅程管理主任者」とい

う資格があるが、こちらの資格も今から紹介する派遣会社を通してツアーコンダクター

になるのなら、研修の過程で簡単に取れてしまう。

 

 ↓その派遣会社は、こちら↓

 

 この派遣会社に登録している人の90%以上は未経験から初めているが、皆立派に

「ツアーコンダクター」として国内外を飛び回っている。その秘訣は、充実した研修制

度にある。コンダクターとして働く前に、専門のトレーナーがしっかりと指導をし、業

務に支障がでないように仕向けてくれるのである。

 

 また、登録制なので、ある程度は自分の好きなように仕事のスケジュールを組むこと

ができるのも魅力である。

 

f:id:ryo_ava_0925:20160405234452p:plain

 

 こちらは、登録スタッフのとある月のスケジュールだが、Aさんの場合は、海外を専

門に行っており、最初の一週間をイタリアツアーにあて、その後10日程休んだ後、今

度はオーストラリアに一週間旅立つといった、我々にとっては非常に夢のような生活を

送っている。

 Bさんは、国内と海外両方のツアーを行っており、最初の一週間は日光、伊勢と日本

の名観光地のツアーに出向き、その後一週間ほどの休暇を挟み、スペイン、ポルトガル

へと旅立ったのである。こちらも非常に夢のような生活を送っている。

 

 海外への憧れを持っている人はもちろん、国内旅行好きな人にとっても、非常に魅力

的な仕事ではないだろうか?もちろん、仕事で行くわけだから、辛い部分も非常におお

くあるだろう。しかし、仕事であればどれも辛いのは当たり前のことである。好きでも

ない辛い仕事をやるくらいなら、好きで辛い仕事をやったほうが百万倍有意義な人生を

送れることだろう。

 

 また最近、就職活動の時期になると「自分探しの為」を理由をつけて海外留学に逃げ

る学生が増えている。そんなことをしてお金を無駄にするくらいなら、留学する期間分

だけ同じように休学をして、海外ツアーコンダクターの仕事をしてみてはどうだろう

か?半分遊んでいるような「留学」なんかよりずっと能力も付くし、いろいろな景色に

触れることもでき、何よりもお金も溜まる。

 

 何はともあれ、少しでも興味を持った人がいたら、まずは一度説明会に出席してみる

べきであろう。おそらく、この内容のペラッペラな記事よりも百万倍有益な情報が得ら

れるだろう。

↓説明会の予約はこちらから↓