読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

高良健吾の給水活動は、もっと取り上げられてもいいのでは?

 

 高良健吾は、熊本県出身で、今回の阿蘇地方の大地震で、故郷を思う心を抑えることが

できず、18日、熊本市内の小学校で給水活動をしたと事務所が発表した。これは、多

くの有名人が、故郷を思いながらも行動できずにいる中、若い俳優が行動を起こしたこ

とに、世間は驚いた。水が止まり、生活が困難だった人々にとって、水が配給され、生

活に少しでも役に立てることができたことは、大きな勇気を与えただろう。水は100

人分ほどしかなかったが、多くの家族の食事に使用されたことが伺える。

 

 熊本県では、今も多くの世帯のライフラインが復旧せず、生活が困難になっている方が

いる。この給水活動は、一時的なものとして、大きく取り上げられてはいないが、彼を

責めることはできない。熊本の人々は、給水・配給を求めている。その姿から、彼は見

ていることができなかったに違いないからだ。

 もっと多くの方が行動するように発言しなかったのは、彼の俳優としての姿を隠してい

たからだ。彼は、変装をして給水した。それは、一人の人間として、支援したいと感じ

ていたからだろう。

 もっと、この姿、この想いを報道してもいいと思う。それは、支援を持って行くように

催促するのではなく、「熊本県を愛する人間がこんなことをした」というものでもいい

と思う。彼をなかったことにするのは、地元としても悲しいことだと感じる。彼の行動

は、良いとか悪いとか判断する基準にはない。それは、立場によって異なるからだ。行

政では、批判するだろう。しかし、水をいただいた人々は、希望の光になったはずだ。

 

 高良健吾は、この給水活動に関して、コメントしていない。その姿は、筋が通っていて、共感できるものがあると思う。