読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

ジョニー・ディップがやらかした!! 犬の検疫をせずにオーストラリアに入国を試みるも、、、

 フジテレビの「とくダネ!」で20日、ジョニー・ディップの犬の話題が取り上げら

れた。この話題は、先日、オーストラリアに旅行の際、自分の犬を検疫せずに入国させ

たことが問題となり、現地の裁判へと発展したものだ。

 ジョニーとその妻は、2人とも、自分の犬を家族だと主張し、検疫する義務を怠った

ことを正当化した。だが、オーストラリアの法律に、そんな感情は歯が立たなかった。

夫妻は、罪を認め、ペットの殺処分を逃れることを選んだ。

 

 ジョニー・ディップはあらゆる役をこなし、その役を自分のものにする天才だ。世界

中で彼のファンは「カメレオン俳優」と称し、その才能を称えている。

 だが、今回の不祥事は、何てお粗末なんだろう。現地には現地の法律がある。ペット

が家族同然だという考えが、その法律に勝てるわけがない。オーストラリアでは、ウィ

ルスに厳格になり過ぎているように報道されたが、それは間違っている。日本をはじ

め、多くの国々で、ウィルスが国内に入り込むことを恐れている。ジョニー・ディップ

が持ち込んだ犬によって、ウィルスが持ち込まれ、その国に猛威を振るうことになった

ら、どう責任を取れるのだろう。殺処分すると言った現地の考えは間違っていない。

 海外の菌が、国民の免疫では防ぐことができず、絶滅していく映画は、現実離れして

いるようだが、現実に再現される可能性がある。全世界で、化学兵器などの対策をして

いるのは、このような時に利用できるメリットもある。

 

 ジョニー・ディップは、妻と揃って、今回の件について謝罪のVTRを出した。それ

は、とても良い対応だ。世界中に、「やってはいけないこと」の見本を見せてくれた。

さすがは全世界を代表するトップスター。自らの過ちに対しては、しかるべき対応をとっている。