読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

みのもんた、ツイッター始めて2日で炎上!! 遠のく完全復帰への道

 

 みのもんたツイッターを始めて2日で熊本の被災地で活動する自衛隊に対して、「支援のやり方も甘い。自衛隊きちんとして欲しいね」などと批判をし、炎上する騒ぎを起こした。

www.daily.co.jp

 

 

 ネット報道番組、AbemaTV「みのもんたのよるバズ!」で2年半ぶりにキャスター復帰するみのもんただが、今回の騒動で民報でのキャスター復帰という「完全復帰」への道は遠のいてしまっただろう。

 

 

 そもそも、数年前まであれだけテレビ出演していたみのもんたが現在の様に、ほとんどテレビに姿を見せなくなった原因から整理していこう。

 みのもんたが今のような状況に陥った原因は、次男の窃盗容疑で逮捕されたことに始まる。
 みのもんたの次男は日テレの社員をしていた。結婚もし順風満帆な生活だった所で窃盗を犯してしまう。

某日の深夜、コンビニの前で酔っ払って寝ていた40代の男性のサイフからキャッシュカ

ードを抜き取り現金を引き出そうとしたのである。

なぜこのようなことをしてしまったのか疑問に思うが、それは学生時代からの常習だっ

たようだ。

高校時代には組織的なグループを作り万引きをし学校を停学になっている。そのことか

らも今回が悪事をするのは初めてではないことはわかる。

この事件によってみのもんたは謝罪会見を行い、レギュラー出演していた番組は次々と

降板になり、日テレの番組が一つ残るだけとなってしまったのである。

謝罪会見の中では父親として育て方を間違えたと涙ながらに語っていた。

 

 

 自らが直接的に犯した過ちではないのにもかかわらず、一瞬にして生活が変わってしまったみのもんたには少し同情するが、キャスターというのは、世間に多大なる影響を与える立ち位置であるため、たとえ息子の犯した過ちであっても、そのことで世間から信頼を失い、仕事が成り立たなくなってしまうのである。

 今回のツイートの件も、世間に多大なる影響を与える立ち位置に復帰しようとする人間として、非常に不用意なものであった。

 物事の捉え方は人それぞれであるから、今回ツイッターでの発言の様な捉え方があっても個人の自由である。ただ、みのもんたは現在自分の置かれている位置をいまいち理解し切れていないようである。世間から干されているこの状況下で、火に油を注ぐような発言を、わざわざツイッターに投稿する必要が果たしてあっただろうか?キャスターとしての完全復帰をするにあたり、このようなキャスターとしてはあるまじき一方的な批判をするような意見を世界中で見られるツイッター上で発することが、どのような役に立つだろうか?

 この発言に対してみのもんたは「言葉足らずであった」と自分の否を認めているようだが、今回の件で世間からの目は更に厳しくなり、完全復帰への道が遠のいたことは、間違いないだろう。