読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

【自撮り棒は30年以上前から存在していた!!】自撮り棒の歴史と選び方

今や多くの若者に愛用されている自撮り棒。

そんな今時のアイテムとも思われる自撮り棒だが、実は30年前にはすでに市販されていた。

1983年に、ミノルタカメラ(現コニカミノルタ)より、「エクステンダー」といった商品名の自撮り棒のさきがけともいえる商品が販売されていた。

 

f:id:ryo_ava_0925:20170207232525j:plain

1983年、ミノルタがカメラの付属キットとして世界で初めて発売した。 : 実は日本生まれの「自撮り棒」その歴史がおかしくも切ない - NAVER まとめ

 

こちらが元祖自撮り棒の「エクステンダー」である。

形は今市販されているものと大差は無いように思われる。

しかし当時は、自撮りをする文化があまり根付いておらず、全くヒットしないまま世の中から姿を消してしまった。

さらに悲しいことに、90年代半ばには某テレビ番組で、「珍発明品」と揶揄されてしまった。

そんな哀れな発明品に転機が訪れたのは誰にも望まれず産声をあげてから約30年後。

世の中にスマホSNSが普及し始めた頃だ。

誰もがスマホという高画質の小型カメラを持ち歩く時代となり、更にはSNSで自らの行動を世の中に知らしめる。

30年の時を越えて、自撮り棒はついに「珍発明品」から世の中に必要とされる存在となったのである。

 

自撮り棒の選び方

30年の時を越えて、今や「自撮り棒ブーム」といっても過言ではないだろう。

そのブームに乗っかるような形で、今では多くの自撮り棒が巷にあふれている。

しかし、それらの中には、あまりよいとはいえないものも紛れている。

たとえば、グリップの部分が細すぎて、カメラの重さに棒が耐えられず折れてしまうもの。安い材質が使われており、すぐに錆びてしまうもの。等々、、、、

巷に自撮り棒が溢れすぎるあまり、こんな良品とはいえないものに引っかかってしまう人も多いはず。

そこで今回は、初心者でもわかりやすいよう簡単に自撮り棒の選び方を紹介する。

 

自撮り棒の種類

 

大きく分けて、3つのタイプに分類できる。

 

①イヤホンジャックで繋ぐタイプ

 

f:id:ryo_ava_0925:20170207234227j:plain

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/614DAZBe6WL._SY355_.jpg

 

こちらは、自撮り棒についているイヤホンジャックをスマホに繋ぐだけで使用できる一番お手軽なタイプである。

面倒な設定や充電もいらず、個人的にはいちばんお勧めである。

 

Bluetoothでつなぐタイプ

f:id:ryo_ava_0925:20170207234646j:plain

http://xn--u9j001jwdjxel50pjehu0o.com/wp-content/uploads/2014/11/sepf.jpg

 

こちらは、Bluetoothで繋いでいるため、イヤホンジャックタイプと比べてコードがかさばったりせず、持ち運びには便利である。

しかし、専用のアプリをインストールしたり、充電をしなくてはならないなど、少々面倒な部分が多い。

 

③セルフタイマータイプ

f:id:ryo_ava_0925:20170207234942j:plain

http://image.search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RinFKh3ZlYIGoAj0mU3uV7;_ylu=X3oDMTBiZGdzYWtnBHZ0aWQDanBjMDAz?p=%E8%87%AA%E6%92%AE%E3%82%8A%E6%A3%92+%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0

 

こちらは、棒自体に何の仕掛けもなく、ただ単にスマホをつけて、セルフタイマーモードにして使用するものである。

非常に原始的で、現在はほとんど使われていない。

 

重さ

重さは操作性に意外と関わってくる。

重すぎたら操作しにくいし、かと言って軽すぎてもすぐに壊れてしまう。

大体150g~200gが、女性でも容易に扱え、そう簡単に折れたりはしないだろう。

 

長さ

長さは、操作性と、撮影範囲に関わってくる。

70cmくらいだと、手を伸ばせば大体1人全身を写せる。(但し、身長が180cm以下の人に限る)

90cmくらいだと、手を伸ばして大体3人の全身を同時に写せる。

ただ、100cmを超えてくると、写せる範囲は広がるが、一般女性では中々扱いづらいだろう。

 

グリップ

こちらは、人それぞれの好みによる。

大きく分けて、スポンジタイプ、ゴムタイプ、プラスチックタイプに分かれる。

自分の握りやすいものにすればよいが、スポンジタイプはどうしてもすぐにぼろぼろになってしまいがちだ。

 

おすすめの自撮り棒

以上のことを踏まえて、個人的におすすめする自撮り棒を何点か紹介する。

 

 セルフィースティックセルカ棒有線式

 

こちらは、ケーブル接続タイプで充電や面倒な設定不要。グリップが太く、さらにアルミ製で軽く、操作性が非常に良い。

価格も2000円前後で購入できる為、非常にお得である。筆者が胸を張ってお勧めできる品である。

 

 

 2016年最新式自撮り棒

こちらはBluetoothタイプで、設定や充電等が少々面倒だが、こちらの商品の特徴はなんと言ってもライトがついており、夜間や薄暗い場所でも自撮りができてしまうというところである。

価格も2000円前後とお手ごろな為、先ほど紹介したケーブル接続式のものと同時に購入し、状況により使い分けるのも良いかもしれない。

 

 

少々長くなってしまったが、初めて自撮り棒を買う人、今まで買ったものがあまり良いものではなかった人は、是非参考にして欲しい。

 

「クイズ!ヘキサゴン」で「おばかキャラ」として一世を風靡した野久保直樹は今どうしてる?

 今ではキャラの芸能人の分類のひとつとして定着した「おばかキャラ」。

 その発起人の一人である野久保直樹。最近はあまりテレビでは見なくなったが、彼は一体今何をしているのだろうか?

 

野久保直樹の経歴
 ワタナベエンターテインメント所属の俳優として芸能活動を始めた野久保直樹は、ドラマにも出演していましたが、俳優としての知名度が上がることはなく、バラエティ番組での活動を中心としていきました。特に2006年から「クイズ!ヘキサゴンⅡ」で常連出演者となり、珍回答を連発させていました。司会の島田紳助からは「さわやかバカ」と言われ、おバカタレントとしてブレイクしていきました。番組での共演者であるつるの剛士上地雄輔と「羞恥心」というおバカユニットを結成し、2008年にはCDデビューを果たしました。CDはヒットを記録し、個人の活動の場も拡げていきましたが、2009年に事務所独立騒動があってから仕事が激減してしまって、メディアで見かけることはほとんどなくなってしまいました。

野久保直樹の現在
 有名になったことで自分の実力がない状態なのに、ドラマや舞台の仕事をもらったりと理想と現実のギャップに悩んでいたそうです。事務所退社以降は充電期間として自分磨きに励み、努力家な野久保直樹はお芝居を続けていきたいという強い決意から、現在は舞台を中心に活躍していて、2014年には野久保直樹のファンクラブが設立されたそうです。

 

 事務所独立問題で一時は芸能界を干されたとの噂もあった野久保ですが、活動の場を舞台に移して活躍をしているとのことで、一安心ですね。今後の活躍を期待しましょう。

窪塚洋介は今、何してる?

 1998年頃からさまざまなドラマで活躍していた窪塚洋介
多様な役柄で大物俳優といっても過言ではいくらい人気な俳優さんでした。
しかし、最近ではめっきりテレビでは見なくなりましたね・・・

なぜテレビに出なくなったのか、今どうしているのか調べました!


窪塚洋介のプロフィール・経歴

生年月日 1979年5月7日
出生地 神奈川県横須賀市
身長 177cm
血液型 O型
職業 俳優・歌手・ミュージックビデオ監督・カメラマン
家族 窪塚俊介(弟)
   RUEED(弟)

1995年に「金田一少年の事件簿」で俳優デビュー。
その後3年ほど、2時間ドラマや深夜ドラマで端役として活動していたようです。
ちなみにこの頃の芸名は「ヨースケ」

その後、1998年に「GTO」で優等生の菊池善人役で一躍ブレイクしました。
池袋ウエストゲートパーク」や「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」「ロングラブレター」など人気ドラマに引っ張りだこ。

2001年には映画「GO」で主演を務め、最年少で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を得ています。

2003年には一般女性と結婚を発表し、同年10月には第一子となる長女の愛流(あいる)ちゃんが誕生しています。
しかし、2012年には「子育ての考え方の違い」を理由に離婚を発表し、当時8歳だった長男の親権は窪塚に移す。

②全盛期から現在に至るまで

子育てを理由に俳優業を休業。その間に転落事故を起こしています。
2004年の6月6日昼12時頃、高さ26メートルもある自宅のマンション9階から転落。
落下時、フェンス(高さ2メートル)にあたった後芝生に落ちたため落下の衝撃が和らぎ、命に別状はなかったのですが、頭蓋骨の開放性骨折などの深刻な傷を負いました。
事故を境に芸能界から完全に異端児扱いをされ、今まで受けたことのないような仕事の依頼が多く舞い込んできたようです。
役者へのプライドがあるのですべて断ったのですが、当然収入はなくなり父親のすねをかじって生活をしていました。

2005年に映画「鳶がクルリと」で俳優復帰はしていますが以前のように俳優業での仕事は激減しています。
2006年、卍LINEとして音楽活動を開始。現在では年間に100本近いライブを行っており俳優業よりも音楽活動に専念しているようです。ちなみに卍LINEの楽曲「IKIRO」で転落事故のことについて歌っています。
最近では、昨年交際を公表していたレゲエダンサーのPINKYさんと結婚を発表。
そしてハリウッド映画の「Silence」で重要な役柄で抜擢されました!

 

 曲がりなりにも、現在も俳優としてしっかりと活動をしていたのですね。

 今後の活躍に期待しましょう。