読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

今話題の”過払い金返還請求”とは?

 こんなCM、一度は見たことありませんか?

 

 

 

 最近やたらと流れており、1日に何回も見ることがあります。ゴールデン番組の時間帯にも放映されており、どれだけ儲けているのだろうかと疑問に思ったりもします。ただ、キャッシングもしたことがなく、法律にも詳しくない私にとって、そもそも過払い金とはなんなのか?そして、どうして過払い金を返還するだけでこんなにCMを流せるほど儲けが出るのか、非常に疑問に思いました。そこで今回は、この過払い金および過払い金返還請求について、調べてみました。

 

1 そもそも過払い金とは?

 

 毎日のようにCMで過払い金過払い金と聞きますが、そもそも過払い金とはなんなのでしょうか?

 

 

 

過払い金(グレーゾーン金利)とは、消費者金融、クレジット会社、大手デパートカードなどの貸金業者が、利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことを言います。
言い換えると、我々1000万人以上の日本人が、知らず知らずのうちに取られ続けていた、払い過ぎた利息のことを言います。

複数の借り入れを抱える方や、年収の少ない専業主婦の方は、利息の返済だけでも大変でなかなか元金を返すことが難しい人もいると思います。複数消費者金融からお借り入れがある方の無料相談もお問い合わせください。

キャッシング利用者は1400万人以上、日本の労働者の5人に1人とも言われています。

キャッシングをすると、利用者は貸金業者消費者金融など)に利息を払わなければなりません。
日本では、昔から、利息制限法という法律で「総額10万円~100万円未満のキャッシングについては、18%以上の利息は絶対に取ってはいけない」と定められています。
しかし信じられないことに、多くの貸金業者消費者金融など)がこの法律に違反し、18%以上の利息を長年にわたって取っていました。

当然、裁判が起こり、最高裁判所は「貸金業者消費者金融など)は、利息制限法で定められた以上の過払い金(グレーゾーン金利)を、キャッシング利用者に返還しなければならない」という判決を出しました。

週払い金(グレーゾーン金利)とは「出資法」の上限金利29.2%と利息制限法による法定金利の間(グレーゾーン金利)の部分が「週払い金返還請求」の対象となります。

 

 引用元 http://www.e-shihoushoshi.com/kabarai2/overpayment/

 

 

 つまり、本来の上限金利は利息制限法の18%程度であったのにもかかわらず、借主がそれ以上の利息を払わされ続けていた。その実際に払わされていた利息から利息制限法の上限金利を引いた額、つまり余計に払わさられた金額を過払い金ということらしいです。過払い金を返還してもらう際には、その過払い金に5%の利息を上乗せして返してもらえるらしく、10年以上取引を続けている人は、100万円以上帰ってくることも珍しくないそうです。

 

2 過払い金返還はそんなに儲かるの?

 

 余計に払わされていた利息、過払い金が世の中にたくさん存在していることはわかりました。しかし、過払い金返還ビジネスは、毎日のようにCMを流すほどもうかる仕事なのでしょうか?まずは、”過払い金”が日本国内にどれほど眠っているのか、調べてみました。

 

 大手消費者金融会社が法定金利(20%以下)に引き下げる前の2007年以前に発生していた過払い金の総額を、ざっくり推測してみましょう。

消費者金融業界全体の貸付残高は、1998年にはなんと10兆円を超え、2002年には12兆円にもなりました。

消費者金融の貸し付けに適用される利息制限法の法定金利はほとんどが年18%です。
一方、2006年12月改正前の出資法が定める刑罰金利(上限金利)は、年29.2%で、ほとんど全ての消費者金融業者は、この刑罰金利ぎりぎりの金利で貸し付けをしてきました。

すると、法定金利と刑罰金利の差であるおよそ10%の利息が、毎年過払い金となって発生していたのです。

つまり、消費者金融の貸付残高12兆円の10%である1兆2000億円の過払い金が毎年発生していたということになります。しかも、2000年6月以前の刑罰金利は、年40.004%であり、現在の2倍の20%が、毎年過払い金として累積してきたのです。

と考えると、少なめに計算しても10年間で12兆円以上にも上ります。
とんでもない金額の過払い金が業界全体で貯め込まれているのは間違いありません。

 

引用元 http://過払い金返還請求の体験談.com/01_04.html

 

 

 

 なんと、12兆円もの過払い金が!しかもこれは少なめに見積もった額!2012年の時点でも、まだ800億ほどしか取り返してないとのことから、現時点でもまだ10兆円以上の過払い金が存在していることになります。過払い金返還の手数料の相場は大体返還額の20%程度なので、単純計算で2兆円ほど稼げる市場が過払い金ビジネスには存在しているのです。過払い金返還は仕事的にもそんなに難しくないので、多くの弁護士事務所が過払い金ビジネスに熱心なのは納得ですね。

 

3 過払い金返還による弊害

 

 過払い金を返してもらうのはいいが、返してもらうことによって何か弊害はないのでしょうか?

 これはあくまで噂ですが、1回過払い金を返還してもらった人は、金融機関のブラックリストに乗り、もうお金を貸してくれなくなるといったことが起こり得るそうです。たしかに、金融機関側からすれば、いくら違法な利息だったとはいえ、その利息で借りることを本人が納得したうえでお金を貸しています。それなのに、これは過払い金だからやっぱり返せ!なんて言われたら、たまったもんではありませんね。まあ違法な金利で貸す方が一番悪いのですが。そのため、そのような面倒くさい客にはもうお金を貸してやらん!っとなる可能性があるそうです。

 また、私が個人的に思うのは、特にヤミ金業者のようなところから過払い金を返還してもらうと、逆恨みをされて、借金とは全く関係のない部分で嫌がらせをされたり、無理やりお金を取られるなどといったことが起こらないのかとも思います。ヤミ金業者は、たいてい暴力団がらみの人間が行っているため、何をされても不思議ではないと思います。

 

 

 

 簡単に過払い金についてまとめましたが、いかがだったでしょうか?過払い金が10兆円以上日本に眠り続けているとは、少し驚きですね。

 ただ、私が思うのは、あたりまえですが過払い金云々なる前に、無駄な借金はしないことが一番健全な道だと思います。もし現時点で過払い金のある人がいれば、ちゃちゃっと返還してもらい、もう今後無駄な借金をしないようにする。そうすれば、余計な悩みも消え、より豊かな人生を送れるようになることでしょう。


人気ブログランキングへ