読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人の暇人による暇人のためのつぶやき

思い立ったことをただただつぶやきます

ハンカチ王子以来の全国制覇に導けるか?怪物、清宮幸太郎ついに今春高校球児へ

 3年前、米メディアの度肝を抜いた日本人の少年がいた。その名も、清宮幸太郎。

 3年前のリトル世界選手権で12打数8安打3本塁打、おまけにリトル世界最長

飛距離を記録。投げても2試合7イニングを投げて15奪三振。ちゅうがく1年生なが

ら127㎞の速球を投げ込んだ。まずはその時の映像をご覧いただきたい。

 

 

 

 いかがだっただろうか?中学1年生にして、身長183cm、体重100㎏といっ

た恵まれた体格から生み出されるパワフルなプレー。この大会での活躍により、一気

に米メディアに注目されるようになり、メジャーのスカウトまで狙っているという。

 ただ、彼の一番のすごさは、現状に満足せず常に成長を続けているところだ。

 この大会の翌年、清宮が所属する調布市ニアを掛布DCが訪れたところ、清宮が

シート打撃でなんと95m先のフェンスを越え、さらにその後方をそびえたつ高さ

20mのネットを超える、推定160m弾を放ったのだ。それには掛布DCも、

「松井や清原クラス。いや、松井より柔らかさがある」

等と大絶賛。是非阪神に来てほしいと、まだ中学生にもかかわらず、すでにプロ入り

を確約させてしまった。このように、リトルの世界選手権であれだけの活躍をしたの

にもかかわらず、決して現状に満足せず、成長し続けている。

 そんな清宮の中学3年生での姿がこちら

  

 

 少々見づらいかもしれないが、こちらはコボスタ宮城で放った、ライトへの弾丸ラ

イナーの本塁打である。言うまでもないが、もうすでに中学生離れ、いや、高校生の

中でもトップクラスの打撃を誇る選手となってしまっている。

 そんな清宮も、いよいよ今春からは高校球児となる。進路はまだ正式には公表され

ていないが、小、中と早稲田実業に通っていることから、そのまま高等部に進学する

のではないかといった説が最有力である。早稲田実業といえばみなさんご存知の通

り、2006年の夏にハンカチ王子を率いて全国制覇をし、社会現象を引き起こした

学校である。あのハンカチフィーバーから約10年の時を経て、再び早実に大スター

が入学するかもしれない。現在は肩を痛めて野手に専念しているようだが、肩を痛め

る前は138㎞の速球も放っていたようで、肩の回復次第ではエースで4番として、

早実をまた全国の頂点へと導いてくれるかもしれない。

 しかし一つ心配なことは、周りから騒がれすぎるあまり、他の人の何十倍ものプ

レッシャーの中野球をやらなくてはいけないということである。今はまだ一部の野球

ファンにしか知られていないが、高校に入り、甲子園にでも行けば当然メディアも大

きく扱うようになりそのプレッシャーも今の何十倍、何百もの大きさとなってしまう

だろう。周りから期待されるあまり、自分を見失い、結果を出せなくなる。そういっ

た選手は、今までに何十人といた。

 しかし、そのプレッシャーという大きな壁を乗り越えた先には、プロ入り、日本代

表、メジャーリーグといった華々しい未来が待っているはずなので、是非そこまでた

どり着いてほしい。


人気ブログランキングへ